梅雨時など、天気が悪い時期には、洗濯物の乾きが遅くなり、結局乾燥機を使用することになることも少なくありません。
また、都市部では、日照そのものが十分に確保されないために、普段の選択でも、満足の行く乾燥が実現できないこともあります。
このような場合、特に雨などのときには、洗濯物を室内に干すこともやむを得ませんが、あまり効率はよくありません。
もともと湿気がちな天気なのですから、室内では、さらに乾燥の効率が悪くなるのです。
また、もとから湿気がちな室内が、洗濯物の湿気で、さらに湿っぽくなり、不快感を感じてしまうということも考えられます。
家の中でも、比較的湿気に強い場所、あるいは、もとから湿気がちであることを想定してある場所としては、浴室があります。
そこで、洗濯物も、浴室に干すことで、他の部屋が湿っぽくなることを防ぐことができます。
浴室の換気扇などを活用すれば、より効率的に洗濯物を乾燥させることも出来ます。
しかし、このような浴室の活用の仕方を考えると、これからは、単に洗濯物を干すことができる場所ではなく、洗濯物を干すのに適した場所として検討することが有効になります。
具体的には、換気扇で空気を循環させるだけではなく、より積極的に、除湿機能や暖房機能を追加するといったことです。
除湿や暖房機能を追加することで、浴室全体を乾燥機のように考えて積極的に活用することが、これからの浴室のイメージとなると思われるのです。

オススメリンク

導入する人が増えている

浴室に暖房や乾燥機を導入する人が増えています。家を新築するときに、それらを取り入れる場合もあれば、リフォームの…Read more

快適に入浴できる

近頃、用途の幅が広い浴室暖房乾燥機が人気を呼んでいます。加齢とともに入浴は身体に負担がかかり、特に冬場は脱衣所…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

    値段が高くても付けたくなる理由

    快適に入浴できる

    導入する人が増えている